平成31年度 運輸安全マネジメントに対する取り組みについて

1. 輸送の安全に関する基本的な方針

  1. 代表取締役は、輸送の安全確保が事業経営の根幹であることを深く認識し社員に輸送の安全が最も重要であるという認識を徹底させます。また、現場における安全に関する声に耳を傾けるなど現場の状況を十分に踏まえ、社員に対し主導的な役割を果たします。
  2. 輸送安全マネジメントを確実に実施し、全社員が一丸となって業務を遂行することにより常に輸送の安全に努めます。
  3. 輸送の安全に関する計画の策定、実行、チェック、改善(Plan Do Check Act)を確実に実施、全社員が一丸となって業務を遂行することにより輸送の安全向上に努めます。
  4. 輸送の安全に関する情報について、積極的に公表します。

 

2. 輸送安全に関する重点施策

  1. 輸送の安全確保が最も重要であるという意識を徹底し、関係法令及び安全を管理する規程に定められた事項を遵守すること。
  2. 輸送の安全に関する費用支出及び投資を積極的かつ効率的に、行うよう努めること。
  3. 輸送の安全に関する内部監査を行い、必要な是正措置または予防措置を講ずる。
  4. 輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し、社内において必要な情報を伝達、共有すること。
  5. 輸送の安全に関する教育及び研修に関する具体的な計画を策定し、これを的確に実施すること。

 

3. 輸送の安全に関する目標及び達成状況(平成30年4月1日から平成31年3月31日)

  1. 人身事故・重大事故・車内事故 ゼロ件(目標)
    *結果  人身事故0件
    重大事故1件(8/9(木)秋田県大仙市内にてバス転落事故、死亡者・負傷者無し)車内事故0件
  2. 健康起因による事故 ゼロ件(目標)
    *結果 0件目標達成
  3. 酒気帯び運転の撲滅・アルコール検知 ゼロ件(目標)
    *結果  アルコール検知1件(3/15(金)乗務前点呼にて検知、乗務中止にて対応)
  4. ドライブレコーダー活用による安全及び快適な運行(目標)
    *結果  ヒヤリ・ハット動画収集を活かして乗務員教育に役立てることができました。
  5. 速度超過の撲滅(目標)
    *結果  多少の超過は見られたが、昨年度のデジタコ導入により乗務員の速度への意識改革が見受けられました。

 

・総括  目標達成できませんでした。このような結果になりました事を代表取締役・役員・運行管理者等は深く反省し、より一層の安全運転管理をいたします。

 

4. 平成31年度輸送の安全に関する目標(平成31年4月1日~平成32年3月31日)

  1. 人身事故・重大事故・車内事故 ゼロ件
  2. 健康起因による事故 ゼロ件
  3. 車内事故 ゼロ件
  4. 酒気帯び運転の撲滅 アルコール検知 ゼロ件
  5. 速度超過の撲滅

 

*前年度目標達成できなかったため今年度も引続き継続いたします。

 

5. 輸送の安全に関する組織体制および指揮命令系統

別紙(1)「ロイヤル交通株式会社 組織体制・指揮命令系統の組織図」(PDF形式:597KB)をご覧下さい

 

6. 事故・災害等に関する報告連絡体制

別紙(2)「ロイヤル交通株式会社 緊急連絡体制図」(PDF形式:51KB)をご覧下さい

 

7. 輸送の安全に関する計画

当社では毎年、安全運動や季節に応じた安全運転講習などを含めた1年間の安全教育計画を策定し実施しました。

 

別紙(3)「平成31年度年間教育計画」(PDF形式:1.1MB)をご覧ください

 

8. 安全管理規程

別紙(4)「安全管理規程」(PDF形式:296KB)をご覧ください

 

9. 安全統括管理者

田島 俊孝

 

Copyright© Royal-Kanko. All Rights Reserved.